ムツゴロウ公園のむつごろうトイレ 佐賀の風景

むつごろうトイレ 佐賀の風景海遊ふれあいパーク 「ムツゴロウ公園」のむつごろうトイレ 佐賀の風景 佐賀県小城市芦刈町永田3033−1

日本でも有数の干満差(最大約6メートル)を誇り、面積としては最大の干潟と、そこに住む独特の生き物たちを特徴とする有明海。全国的には海苔(有明海苔・佐賀海苔)が有名ですが、地元の人々にとっては身近でかつ大切な水産物の獲れる海でもあり、エツやアナジャコ、ワラスボ、そしてムツゴロウと、他ではあまり見られないものたちも含めた豊かな海の幸を与えてくれる恵みの海でもあります。

そんな有明海は、干潟をはじめ、魅力的な撮影スポット、絶景スポットが幾つもありますが、ふと立ち寄った公園の駐車場で、風変わりで魅力的なモノに出会いました。それが写真のムツゴロウを模したお手洗い(公衆便所)。口の部分を出入り口とし、ヒレでバランスを取った秀逸なデザイン。なんといっても巨大なくりくり目玉が印象的です。

後で帰宅してから調べてみたら、こんな可愛らしいムツゴロウのおトイレ、ネットやSNSが放置しておくわけもなく、「知る人ぞ知る場所」というより、そこそこ有名なスポットだったのですが、カーナビで干潟の方に向かって適当に目的地を入れて、偶然この場にたどり着き、目の前にどーんとこのトイレが出現した時の「発見」した感じは、とても楽しいモノでした。

皆さんも近くに行く機会があったら、ぜひ実物を見てみてくださいね。

  越前海岸「呼鳥門」と日本海 福井の風景