桑名城跡 三重の風景

桑名城跡 三重の風景桑名城跡 桑名城址九華公園 三重の風景 三重県桑名市

天下にとどろく勇猛果敢な武将として徳川家康を側近として支え、「徳川四天王」の一人にも数えられる本多忠勝。

関ヶ原の戦いで戦功を上げた後の1601年、忠勝は現在の三重県桑名の地を与えられます。忠勝は桑名城を整備、「慶長の町割」を行うなど町の整備にも力を注ぎつつ、壮麗な天守と51の櫓を備えた城を築きました。

1701年の桑名の町を焼いた大火で天守は焼失し、その後再建されることはありませんでしたが、城自体は幕末まで重要な役割を果たしました。戊辰戦争の際には旧幕府軍側についていたため、明治維新後に城は破却され、現在は「桑名城址九華公園」として地元の人々の憩いの場となっています。

写真はそんな桑名城跡の晩秋の風景。建物はほとんど残っていないながらも、往時の壮大な城の規模を彷彿とさせる、ゆったりとした眺めです。