富田八幡宮 島根の風景

富田八幡宮 島根の風景富田八幡宮 島根の風景 島根県安来市広瀬町広瀬

「悪七兵衛」と呼ばれてその勇猛さで知られたという藤原景清(平景清)は富田城(月山富田城)の最初の城を築いたといわれますが、その彼が富田荘に来た際、城を築くために月山の山頂にあった八幡社(勝田神社)を遷したのが始まりといわれる「富田八幡宮」。主祭神として誉田別尊(応仁天皇)を祀っています。

安来市を訪れた際、何とはなしに足を運んだ神社なのですが、独特の建築様式の建物群と、うっそうと茂る木々、そして苔むした参道が醸し出す荘厳な雰囲気に、ただただ圧倒されました。島根には素晴らしい神社が数多いですが、この富田八幡宮も参拝前の想像をはるかに超える素晴らしい神社でした。

  加茂水族館 山形の風景