三月の新潟の風景 菅谷不動尊

菅谷不動尊 新潟の風景菅谷不動尊(すがたにふどうそん) 菅谷寺(かんこくじ) 新潟の風景 新潟県新発田市菅谷

新潟市内から車で約40分ほど走った新発田市菅谷にある「菅谷寺」は、千葉県成田市の成田山新勝寺(成田不動尊)、東京都目黒区の瀧泉寺(目黒不動尊)と並び、「日本三大不動尊」の一つにも数えられる真言宗の寺院(※)。(※三大不動尊としては、熊本の「木原不動尊」や大阪の「瀧谷不動尊」、福島の「中野不動尊」の名が挙がる場合も有ります。) 

鎌倉時代に源頼朝の叔父である護念上人により比叡山より勧請された不動明王を祀ったのがその創建といわれ、以来、800年以上に渡り地元の人々はもとより広く崇敬を集めてきた寺院です。

日本各地を旅していると、都や幕府のおかれた京都や奈良、大阪、鎌倉、江戸(東京)から遠く離れた地に創建以来数百年以上の神社仏閣が普通に存在することにあたらめて驚いたり日本の奥深さを感じたりしますが、この寺院もそんな古刹の一つ。開放的な田園風景と遠くに雪を抱いた山々を望む平和で長閑な場所にある悠久の歴史を持つ寺院なのです。

  須佐神社 島根の風景