桜と菜の花の咲く春の風景 春の秋田の風景

五城目町の春の風景 春の秋田の風景五城目町の春の風景 桜と菜の花 春の秋田の風景 秋田県南秋田郡五城目町

秋田駅から車で約40分、かつて日本の湖としては琵琶湖に次ぐ第2位の大きさを誇った幻の湖「八郎潟」の東岸地域にあるのが五城目町です。

人口7700人ほどのこの町は、豊かな田園と所々に山が点在する、典型的な日本らしい美しい里山風景の広がる場所です。

その一方で、今から約530年前の1495年に開かれ、今もなお開かれているという歴史と伝統ある「朝市」が有名で、野菜や、山菜、キノコなどの旬の食材などの地域の産物から郷土の食べ物や郷土菓子、さらには台所道具や農作業に用いられる器具まで様々なものが揃う場として、地元の人や観光客で賑わっています。(珍しいものも含めて様々な種類の山菜が並ぶ時期と、様々なキノコが並ぶ秋は特におすすめです)

写真はそんな五城目町で出会った美しい春の風景。どこにでもあるようでいて、それでもやっぱりとても美しくて優しい、日本の春の里山風景です。

  熊野古道から見る紀伊半島の山々 和歌山の風景