旧第五十九銀行本店本館(青森銀行記念館) 青森の風景

旧第五十九銀行本店本館(青森銀行記念館) 青森の風景国の重要文化財 旧第五十九銀行本店本館(青森銀行記念館) 青森の風景 青森県弘前市

宿泊場所のある新鍛冶町から弘前城に向かってのんびり歩いている時に、とても目を引く美しい建築物に出会いました。旧第五十九銀行本店本館(青森銀行記念館)です。明治生まれの大工の棟梁で、青森県内の数多くの洋風建築を手がけた堀江佐吉が円熟の域に達していた晩年の1904年(明治37年)に完成させた建物で、ルネサンス風の美しい外観と淡い色使いが目を引きます。

1965年(昭和40年)には弘前支店が新たに築かれたことで、取り壊される予定となっていたところ、市民らの強い要望で解体が中止され、現在の場所に移されて保存されることになりました。1972年(昭和47年)には国の重要文化財に指定されています。

  夏の福岡城跡 福岡の夏の風景