江ノ電の走る風景 神奈川の風景

鎌倉の町中を行く江ノ電 神奈川の風景鎌倉の町中を行く江ノ電 神奈川の風景 神奈川県鎌倉市

「市電」「市内線」などと呼ばれて地域の人々に親しまれている「路面電車」ならいざ知らず、何両も繋がって走る鉄道は、「専用の線路(専用軌道)を走るもの」「柵などがあり、簡単に線路には入ることはできないもの」と思っている人にとっては、滋賀県大津市を走る「大津線」(京津線)の併用軌道区間の、車と一緒に走っている光景は、初めて見るとかなりの驚きの風景ですが、「スラムダンク」などで今や世界的にも有名な湘南〜鎌倉を走る「江ノ電」も負けてはいません。

時によっては海外からの観光客で溢れかえる有名な踏切付近や海沿いは専用軌道を走っている印象が強いのですが「江ノ島~腰越」「極楽寺~稲村ヶ崎」「稲村ヶ崎~七里ヶ浜」「七里ヶ浜~鎌倉高校前」は、写真のように車と併用する形で走っているのです。

これらの区間では、踏切付近とはまた違う、すぐ脇を江ノ電が走り抜けるという、迫力ある光景を楽しむことが出来ます。こうした光景もまた鎌倉、湘南の魅力の一つかも知れません。

  朝の橋杭岩 和歌山の風景