忍城 埼玉の風景

忍城 埼玉の風景忍城 埼玉の風景 埼玉県行田市

鎌倉時代から安土桃山時代にかけて武蔵国(むさしのくに・・・現在の東京都、埼玉県、神奈川県川崎市、横浜市一帯)で活躍した成田氏によって室町時代に築かれたと伝えられる忍城(おしじょう)は、川越城や宇都宮城、金山城などと共に関東七名城の一つにも数えられる城。利根川と荒川に挟まれた扇状地に築かれており、石田三成の水攻めをはじめ幾度もの城攻めにも落ちなかった堅牢強固な城として知られ、水攻めにも耐えたことから「忍の浮き城」「浮き城」「亀城」などとも称されたという城です。現在は、一帯が水城公園として整備され、市民の憩いの場となっています。

忍城

  雪の中の十和田神社 青森の冬の風景